プロフィール

第六高速トリプルリフト

Author:第六高速トリプルリフト
当ブログへようこそ!
管理人は、まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。
ちなみに趣味はスキーで各地を毎年転々としています!
リンク希望の方はコメントに記入をお願いします。
カメラ→Canon kiss DigitalX 

最近のコメント

FC2カウンター

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間電車に乗った時でした。あともう一駅で乗換ということで扉の近くにいると怖そうな人が目の前に・・・

自分  (うわ~同じ場所に乗ってきたら嫌だわ~)

と思いましたが、なんとまさかの隣のドアへ・・・

自分  ( (^_^)!!! )

そして電車が止まりドアが開いたとたん乗るかと思ったら、なぜか私服の人に突如押さえられているのです!!!

自分  ( (!_!) )

私服1 「乗車券見せろ!!!」

怖そうな人 「・・・」しぶしぶ出す。

この時点では無賃乗車でもしたのかと思いましたが、しかし乗車券は持っていました。無賃の場合ふつうは駅員が追ってくるのになぜか一般人がその男を捕まえていたので、そのためになぜ捕まえたのかはわかりませんでした。

私服2 「(運転)免許書見せろ!」

男   「・・・」しかしこちらもしぶしぶ出す。

ここでドアは閉まり電車は発車。

たぶんですが、自分が考えるに男はその前に何か起こしたか、もしくは何かの重要参考人になっていた。しかし男は行方をくらまし警察は行方を追っていた。とここで男の目撃情報が警察のに入る。そこで警察は、ホームで一般人の振りをして待ち伏せ。そこに何も知らない男が登場。いざ逃亡(?)を図ろうしたところで警察につかまり、警察に連れて行かれた。


ということだと思います。もし自分ならここで反抗して電車に乗ると思いますけどね。まあこれが初めて見たたぶんの警察の逮捕の仕方でした。
スポンサーサイト
夢のSummer Vacationがスタートして早くも10日以上経ちました。管理人は暑さで死にかけていますよ~~~!!!。もう本当に死にそうです。皆さんはいかがお過ごしですか???
(ちなみにうちの部の先輩は今日から撮影旅行とか・・・まあ大変そうに・・・)

という訳で、このブログも一時的に管理人が、遠征と合宿のために更新を一時停止いたします。てな訳で日にちを発表いたします。

① 8月 1日~8月 5日  西日本遠征

② 8月17日~8月20日  部活の合宿

以上の日程です。もしかしたら更新するかもしれませんが、あまり期待しないでください。
昨日は何ヶ月かぶりに撮影してきました。
といっても、本当は部活だったのですが病院の喘息の定期検査の結果を見に行くために、という理由で休みました。(まあ最終的にはさぼりになるかな???)
それはいいとして、午後十一時頃無事に検査結果(なぜだか知りませんが

トマト・バナナ・小麦

で少し引っかかりました。まあバナナは元から嫌いだったからいいんだけど・・・)が出て薬をもらっていざ出発!!!と言いたいが、とりあえずお昼時なので、車で立川に移動し某百貨店の上で食事をし、母におごってもらって(よくあることです!!!)いざ出発!!!(もちろんここで母と別れました)
そして立川1・2番線の青梅線のホームに降りると・・・、

オイオイオタクばっかじゃん。(自分もだが・・・)

と言いつつも、そこで撮ろうとしましたが、すでに人が10人ほど・・・。予想通り場所が取れない。しかもこの状況で撮っても、電車がないために下りに間に合わない、さらに今移動して隣の駅の西立川(有名撮影地)に行ってもちょうどその上りとすれ違い間に合わない、というわけでとりあえず1分後発車の青梅行に乗車し、携帯で撮影地を探しつつ移動。しかし駅から降りたら間に合わないので、東中神もしくは中神にすることに。とここで西立川に到着。少し前に本日のターゲット、イーストIが通過したので、駅先(ホームの先っちょのこと)を見るとわずかに二人の撮影者・・・、最初からここにくればよかった・・・と思いながら東中神で下車。対向ホームに移動し、ここで待つ。しかし・・・

暑い・・・ってか暑すぎる

太陽は俺を殺す気か・・・

なんでホーム先端に屋根がない・・・

田舎・・・

などと思いながら、構図を合わせました。そしてようやく来ましたが、線路障害物検知器が見事に邪魔をし、少し終わった構図に、ですがまあまあピントが合っていたので、満足しかえりました。

IMG_0450r.jpg


















しかし、


Very Very Hot・・・


な状態が続いていたので自力で帰るのを断念し、母にメール・・・

「まだ立川?」

しかし帰って来ない・・・。まさか・・・。と思いましたが、とりあえず立川へ・・・。某電気屋により、写真を少々トリミングした後、再び今度は電話・・・

「もしもし今どこ?、えっ、まだ立川にいんの?、じゃあさあ俺乗せてくんね?えっ?もう終わったのって?、だって見間違えたんだもん(嘘)、じゃああそこでね、はいはい了解しました~~!」








やった・・・

これで暑さからは逃げられる・・・・


てな訳でこの後車に無事に乗り、帰りました。なお写真は後日入れます。

a_01.gif
これを書くきっかけになったある日の出来事です。

ダイヤ改正のために電車の到着時間が早くなり、席取りができづらくなり、毎日ダッシュをしなくてはならなくなって数日たった時だった。

とりあえず今日も席に座れた。これで何日目だろう?おれも席取りが少しうまくなったかな?なんて思ってたところ。隣のよく隣の号車に乗る学生(高2位かな)が珍しく隣に座っていることに気づいた。そして彼は寝始めた。席はこんな感じ↓

                     ○○○○○●◎

●→自分
◎→学生
○→一般客

とこんな感じで、座っていたところ電車は発車した。そしていつものように曲を聴いていると、なんと突如足のあたりがなんか感じた・・・。

俺 (何だろう???。)

学生zz・・・

そしてきづいた。そういえば寝てる時にたまに、なんか動く人いるな。この人もそのいう人の一種だろうそう思った。
そしてそのあとも何度か続きそれが終って、ちょうど目的地までの中間の駅に着く瞬間だった。

ボン・・・

俺 (!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!、何、跳ね上がった!!!。こいつ何が起こった。)

学生zz・・・、zz・・・

なんと跳ね上がったのだ!まさかとは思ったが、どうやら本当のようだ。しかし周りの人も、本人ですら気づいていない。
結局、本人は自分の降車駅で同じく降りて、しかも何事もなかったかのようにしていました。
これが自分の初めての電車内での出来事、この体験で自分は車内をよく見るようになりました。
a_01.gif

さて今回よりこの企画を行います。

試験中のある日・・・
いつものように某線に乗る。いつもこの路線は始発駅から乗っているので、99パーセントの確立で座れる。(今まで二度ほど座れなかった。)そして無事に座る。しかしここで問題が・・・、なんと二つ隣の席が最近頻繁に同じ電車に乗っている女子高生二人組だったのだ。席の配置は、

                   ○○○●○◎◎
○⇒一般客
●⇒自分
◎⇒女子高生

と、こんな感じだった。しかし正直いってあまりその女子高生二人組には興味はない(おいっ!それ嘘だろう!お前思春期真っ盛りだろ!)のだがとにかくそいつらはうるさい。しかも試験前ということもあり音楽を聴くためにイヤホンをつけて勉強開始!
しかし集中力がないために(まずいんだが・・・)始発駅の次の駅を発車後ふと横を見ると・・・
なんと先ほどの女子高生の一人が仁王立ちしているではないか!!!
何事かと思い、イヤホンを外すと・・・

女子高生「今写真撮ったでしょ!!!」

ああ写真撮ったのね・・・、ってえっーーーーーーーーーーーーーー!!!こんな空いている車内で一体誰が???

男(30歳台位)「いや、撮ってないよ。」

と目の前にいた男がしゃべりだす。つうか、明らかに怪しい。ってか会社員にも見えるが、バッグを背負っているので盗撮マニアとかそういう系のオタクに見える。しかも必死に携帯をいじっている。

女子「いや絶対撮ったでしょ。ってか何消してんの?」

この女子高生強い。しかも・・・怖すぎる。

男「消してないよ。」

じゃあ携帯見せろよ。しかも携帯見たまま話しているし。
ここで女子高生が視線に気がついたのか、こっちをちら見。意外に可愛い!!!しかも明らかにスカートが・・・ってそういう場合じゃない、つうか女子高生怖い。怖すぎる。

そして女子高生が男の腕をつかむ。そして言った。
女子「次の駅で降りろよ。」

ああいわれちゃったこの一言。完璧に降りなくちゃいけないね。ってか今時の女子高生に携帯のカメラ向けたら気づくの当たり前だよ。あんたより知っているよ。携帯の使い方。

男「・・・。」

なんか言えよ!!!と言いたいところで、次の駅に到着。誰も絡まれたくないらしく、車内からは男と、女子高生二人組しか降りない。
とここで、なんとこの男まさかの脱走を図ろうとする。でも降りた駅は出口がとても遠い。しかも、バッグを背負っていたためにそれが仇となり、

女子「逃げんなよ。おい待てよ。」

と女子高生が、バッグを見事ににつかむ!!!
これに気づいたサラリーマン風の男性が、男の脇をつかんだ!!!これにより男は観念したのか。とぼとぼと脇をつかまれて歩いていった。それ以後は逃げなかったようだった。

・・・「あれなぜようだったなの?」
と言われそうなのでここで説明するとさすがに電車は降りられないんで、(こっちも遅刻ギリギリの電車に乗っているので・・・)男性が脇をつかんだところで電車は発車してしまいこの後はわからないためにようだったで終わらせた。

その後、一週間ほどあの事件より経ったがあの後その女子高生二人組は一度もあの電車には乗っていない。またあの怪しい男も見かけなくなった。ちなみに最後の女子高生の声は、車内にいたにもかかわらずかなり大きく聞こえました。ちなみにわずか2~3分の出来事だった。


ちなみに通勤時間帯なので、あの後女子高生二人組のいたところは、

                   ○○○●○○○
○⇒一般客
●⇒自分

と何事もなかったように普通に一般客が座ってました。
a_01.gif
今日ようやく期末試験が終了しました。
もうよく分からない問題と勉強不足により試験内容はかなり終わっていると思われます・・・。
さて試験が終わったということなので通常更新を開始いたします。
また新企画も行います。
また新パソコンを買い、データを移動中なので、一時写真は載せません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。