プロフィール

第六高速トリプルリフト

Author:第六高速トリプルリフト
当ブログへようこそ!
管理人は、まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。
ちなみに趣味はスキーで各地を毎年転々としています!
リンク希望の方はコメントに記入をお願いします。
カメラ→Canon kiss DigitalX 

最近のコメント

FC2カウンター

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後輩が多数出てくるので、一応分けます。
A後輩・・・ムーンライト九州で隣だった。 K後輩・・・あまりしゃべらない無口。 S後輩・・・昨日ムーンライト九州に椅子を忘れた。 N後輩・・・結構しゃべる。
まあこんな感じで。今日もスタート!!!

さ~てさんざん騒いだ昨日ですが、一応目覚ましはかけました。(曲はドリカムの未来予想図Ⅱ!!!)しかしなったので止めたところまでは覚えているのですが、見事に二度寝!!!
てな訳で爆睡していると、ドアを叩く音が・・・、しかも半端じゃないほど叩いてる・・・。なぜ?しかしどうせいたずらだろうと思い、また寝ていると・・・。また叩き始めたので、何事かと思い起きてドアを開けると・・・。A後輩が、

「今何時だと思っているんですか!。もう飯の時間ですよ。」

・・・えっ・・・何?朝・・・、

あ~~~~~~~~~~~~~~~~!

ということで見事に寝坊し、友人を起こして寝ぼけながら朝食会場に行くと・・・。今度は誰もいない。そして一回戻ると、またA後輩が、

「先輩~。一回部屋に来てって言ったじゃないですか~!」

(知るか~~~!)と思いましたが、言ったような気がするので、

「言ったっけ~~~?」

と言って流し朝食に食い付き、その後荷物を送り宿泊料金を払って一度津和野の駅へ向かう。ここで、チャリ屋に再び荷物を置かせてもらい、あとから来た3人組のチャリを借りるのを待って、今日も山道へ!!!
しっかし、距離が

長い・・・

ってか、


長すぎる・・・


などと思いながら今日も最下位から一つ上で目的地到着!
昨日の場所から少し行ったところなので、距離はあまり変わらないと思いますが、またそこで撮影開始。途中でまさかの蛇が出てくるという事態が発生しましたが、そこはスルー(自分の真下で発見しましたが・・・)しかし単線で電車が来ないので、先に来る津和野方面のSLを撮ることに。ここで広島帰宅組が来たりしましたがここはスルー、ここで親切なおじさんに、

「水分はしっかりとれ。」

とか言われて、飲み物と氷をごちそうになり、(ありがとうございま~す。(^v^))この後N後輩が、

「氷貰えると聞いたんですが・・・」

などともらった人の目の前で言い、すごくKYと思いすぐにもといた場所に帰らせ、無事に地元の人たちや一般の観光客とともに見守りながら上りを撮影。

IMG_0291r.jpgこんな場所

IMG_0294r.jpg来たけどあれ~ライトは~?

どうやらライトは切れていたそうで、この後津和野で変えたらしい。そしてこの後待っていると、まさかの雨。しかも半端じゃない。しかし持ってきたバッグにたまたまスーパーの袋が入ってました。ってな訳でとりあえずかぶせて下の空き家に避難。そんななか、後ろの人がようやくやってきて調整をし始めて、

「大丈夫ですか?」

と聞くと、

「ああ、大丈夫だよ!」

という会話から仲良くなり、そんな中で雨が降って来たらなんと、

「これ使って!」

と袋をくれました!その後話を聞いていくと、どうやら地元の人だそうで今日のSLのことやゴミは持ち
帰ってほしいという訴えを聞き、(ちゃんとそれは守りました。)そしたらなんと、その前にいた友達にも袋をくれて、なんとやさしい!!!と思いながら、準備しました。しかしこの後、先ほど氷を貰いに来たやつとは別のS後輩が、(なぜか来た瞬間に雨が強くなった…)

「先輩~!、その袋どうしたんですか?」

(またかよ!、このKY後輩が)と思いながらそのS後輩に戻れといい、そんな中で待っていると、あることに気がついた!!!。

「ねえねえ~!」

と前にいる同級生に話しかける。

「なに~?」

「あのさぁ~、S後輩が来るとなんか妙に雨が強くなるような気がするんだけど・・・」

「気のせいじゃね・・・」

しかしそんな話をした後、噂のS後輩がやってきた。そこで話そうとした瞬間に、見事に土砂降り!!!

これには彼が去った後まじめに吹きました(笑)
そして到着30分前になると今度は、地主の人が出てきて、

「ここを撮影禁止にするつもりはないですが・・・」

とここで、いきなり

「3・2・1、ハイチーズ!」

と後ろのほうでいい、驚きながら、マジKY、まじめな話なのに・・・、などと思いながらも、
最後に

「しっかりゴミは持ち帰るように!」

と言われて、しっかり返事をし、この後撮影者の子供のちっちゃい子が横に来たりしながらも、(後ろのおじちゃんが、バナナで静かにさせました。)撮影しました。

IMG_0312r.jpg普通電車

IMG_0356r.jpgSL今度はしっかりライトが付きました。

まあそんな感じで袋をいただいたおじさんにお礼を言ったあと、さっき来た道をダッシュで駆け下り、(後輩はすごいよ。毎回のようにトップで駆け下っていくよ!俺ほとんど毎回最後なのに)チャリヤでチャリを返したあと、土産を買い、同業者の多数乗る電車で、とりあえず山口へ。そして山口で乗り換えて、温泉のある湯田温泉へ。
ここで先ほど同じく袋を貰った友人と、某うざい友人が温泉に入った後別れて東京に向かう予定なんですが、前者の友人はA後輩・おれと同じく時間がないのでキビキビ行動しているのですが、後者のやつが同級生のやつにべっとりで、しかも時間も気にせずに歩いているので、前者がかなり困っていたのでぶんなぐろうと思いましたがまあスルーしながら、(これが後々悲惨になる。)このあとはやく風呂から出ることは無理だろうということを、この後先輩に持ちかけようという話になり、先に3人で風呂屋を見つけて入った。そうしたところ重い荷物を見かねてか従業員の人が、

「荷物ここに置いていいですよ。」

と優しい言葉をかけてもらい有り難く置かせてもらったところで後半組がようやく到着するも、券買うのにあたふたし先に温泉につかることに。(後輩は「こうなるから先に行ったんですよ」と言ってたのに思わず失笑!)頭を洗い始めて、ほとんど終わりかけたところで残りのメンバーがようやく乱入。しかしその頃には先ほどの前者はもう既に風呂につかり、ほとんどいつ出てもいい状況。しかしゆっくり歩きなおかつ馬鹿みたいにおしゃべりしていた後者は、まだ洗い始めという状況で、(こいつマジこんなやつと一緒でかわいそう。)などと思いながら、洗い終わり風呂に入っていると、その後者ではなくて先輩がそこに乱入。そこで先輩に先ほどの話を言うとあっさり納得し、うちらはゆっくり行くことに。そんな中、

「じゃあここで俺は出るわ~」

と前者の友人が言ってきたために、

「おっ、お疲れ~!」

みたいな会話をし、先にその友人は出て行きましたが、馬鹿な友人はそんなことも知らずに、ゆっくりのんびり浸かっていました。しかしうちらが遅く出ていくことを知ると、あわてて出て行きました。


(ざまあみろ!この野郎!)

などと思いましたが、まあ本人に言うとけんかになるんで、ここはスルー。そしてうちらは露天風呂に使ったあと出て、少し熱を冷まし風呂屋の人にお礼を言ってそこを立ち去り夕飯を探すことに。しかしその前にあらかじめ行く途中の店のことみんなで話し合い決めていたので、近くのラーメン屋入ることに。
そして即座にメニューを決めさせ、待っているものの、


・・・





・・・




頼んだもののなかなか来ない・・・。



(ホントこういう時ってなかなかこないんだよね~。)と改めて思いながらも、後輩のが、とりあえず先にきて食べ始めた。そうして周りを見ると、どうやら来てないのは、俺と後から合流の同級生(某代表)だけらしくかなり焦ったが無事に来た。しかし最後に残った二人は実はかなり食欲があるので(要するに体重が…)という訳で先に来た後輩たちよりも早くに食べ終わった。しかしここで水を入れようとしたところ、見事にオーバーラーンし水がコップより溢れた。しかも溢れただけならいいものの、その水がジーパンにしかも実はこれ新品・・・。という悲惨な状況になった。
そして会計がめんどくさいので、俺が全部後でお金もらうようにし、(ラーメンと言った後輩が食うのが妙に遅いのが気になったがここはスルー。)店を出ました。
まあその後は先ほどと同じようにうちらだけは先に歩きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。