プロフィール

第六高速トリプルリフト

Author:第六高速トリプルリフト
当ブログへようこそ!
管理人は、まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。
ちなみに趣味はスキーで各地を毎年転々としています!
リンク希望の方はコメントに記入をお願いします。
カメラ→Canon kiss DigitalX 

最近のコメント

FC2カウンター

もみじが3Dで降るブログパーツ ver2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます・・・

二日目ですが、言わせて下さい・・・


眠い・・・


一応雨が降っていないことを確認し、去年のリベンジで一畑の始発に乗り込み、長江(ながえ)へ・・・

20120905鳥取旅3_006r本来はこうなる予定でしたが・・・(昨年画像)

20120903中四国旅行二日目_001r2111 ひどいですね・・・

20120903中四国旅行二日目_002r2111返し うーん・・・(ってか止まってない・・・

カメラのスペック低下を気にしてたら、いつの間にかが強くなりだし・・・

20120903中四国旅行二日目_003r南海色 暗い・・・

そして本降りになった・・・
という訳でいったん駅へ避難・・・

20120903中四国旅行二日目_008r駅撮り(後ろは宍道湖)

そして友人が気づく・・・

運用ぐちゃぐちゃで何が来るかわからない・・・

こうなれば適当ですよね苦笑

20120903中四国旅行二日目_009r3016 雨が止んできました

そしてこの後4両が来るのですが・・・

20120903中四国旅行二日目_010rはい・・・、切れた・・・

去年も失敗し、全く経験が生かされず・・・
もう2度と撮りたくない4両苦笑

20120903中四国旅行二日目_012r3016返し ラッピング重視で

20120903中四国旅行二日目_013r2114 一番まともかも

そして急に何か来たのであわてたら・・・
20120903中四国旅行二日目_014rあーーー、やっちゃった・・・

20120903中四国旅行二日目_016r2111

最後京王さんで〆て、駅に戻ると、地元のおばあちゃま方が、

「久しぶりにの雨でようやく涼しくなりましたね・・・」

あー、これはうちらのどっちか確実に雨男ですねー(笑)

そして松江しんじ湖温泉駅に戻り、松江駅までタクシーで移動し電車に乗る予定だったんですが・・・

目の前で行かれるというね苦笑

今回本当についていないですね・・・
という訳で、米子まで移動し、そこから特急やくもで生山へ。

ここでようやく追いついた列車の行き先を見ると・・・

岡山経由播州赤穂行!!

すさまじい距離ですね・・・
山陰本線⇒伯備線⇒山陽本線⇒赤穂線
まあ日本最長ではないですが、距離的には十分かと・・・

そしていつの間にか岡山着(途中から爆睡・・・)
ちなみに増結がないんで、岡山からは大混雑でした。

ここから四国に行くためにマリンライナーに乗車し、高知に行くために本州最後の駅児島で乗り換えます。
これで3回目ぐらいの瀬戸大橋で、四国上陸!!

で、
20120903中四国旅行二日目_020r琴平到着!

金毘羅に向かおうとしましたが、閉館時間(?)になってしまったのでおみやげだけ買って、

20120903中四国旅行二日目_028r改札(18切符は珍しいようで高校生に不審に見られるという・・・)
20120903中四国旅行二日目_029r切符売り場 20120903中四国旅行二日目_032r四国はナンバーリングがあるみたいです

20120903中四国旅行二日目_031r四国独特のこいつに乗り移動

にしても特急優先のダイヤなので、退避が多い・・・
スイッチバックなども体験しつつ、途中の阿波池田で長時間停車があったので、降りていろいろと・・・

20120903中四国旅行二日目_042r対向列車 20120903中四国旅行二日目_044r関東は絶対見ない光景

それにしても普通電車の本数が少ないために、どれに乗っても学生がわんさか乗ってきますね・・・
そのたびに独特のイントネーションが使われているのが私は好きですが(笑)

そうこうしているとすごい人が・・・
どうやらなはり線との接続駅のようで、車内は4人から10人以上に・・・

あっという間に・・・
20130904中四国旅行三日目_060r高知駅到着!!

にしても

土砂降りですな

ここからホテルまで移動するのですが・・・

繁華街苦笑

代行の数に驚く私たちであった・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。